食事報告と血糖値

  • sss_ginza
  • 2020/03/16
画像
そして、毎日の食事報告と血糖値報告をしていただきます。
食事と照らし合わせて、
これを食べるとこう上がる。
食べ方を変えると上がりにくい。
空腹に炭水化物入れるとこうなる。
などが数値化して目に見えるので
納得して食事を調整しやすくなります。
自分の身体で実験してるようで
面白いですよ!
また糖質を入れればグラフが上がるので
なだらかに保ちたい!と思えば
ちょっとした抑止欲効果もあったりします。
ももちさんのグラフを見てみると、
夜間低血糖になっていたのがわかったり
なだらかに上下動しているのは
いい感じ!となります。
糖質を減らしすぎると、
低血糖になってフラフラしたりするので
減らしすぎも注意なのです。
血糖値が下がっていく時に、
もっと食べたいと脳が指令を出したり、
眠くなったりします。
昼食後極度に眠くなる人は、
血糖値スパイクが起こってるかも。
糖質が適正量になっていれば
好調を維持したまま痩せていくので
カロリー計算はしません!
基礎代謝+消費カロリーより摂取カロリー
が少なすぎると、肌カサカサになったり髪の毛パサパサになったり、
いきなり食欲暴走したりしますからね!
目指すはバランスの良い食事で満足感たっぷり!
血糖値は一定に!
がSSSのダイエットプログラムです!
お肉とかお野菜とかモリモリ食べてくださーい!

製品情報