骨盤の前傾と後傾

  • SSS北見スタジオ
  • 2019/02/24
画像

北見スタジオの前澤です。

身体の中心に位置する骨盤は
上半身と下半身をつなぐ重要な役割を担っています。

骨盤が前傾しすぎてしまうと
腰椎部が「過伸展」(反りすぎ)状態になり
反り腰になりやすく
お尻が出っ張り
内股になりやすい
など、腰痛を引きおこす原因にもなってしまいます。

逆に骨盤が後傾しすぎてしまうと
腰椎部が「過屈曲」(丸まっている)状態になり
背骨のカーブが無くなり
お尻が引っ込み
がに股になりやすい
など、猫背になり老けた印象を与える原因になってしまいます。

骨盤は前傾でも後傾でもなく
『ニュートラル』な位置に戻すことが
身体の不調を改善する解決策です!

製品情報

S帯
S襷
ストレッチ教材
hitoe