正しく動かし、柔軟性Up❗️

  • SSS Black Ginza
  • 2017/07/26
画像

こんばんは、高橋です。

前回は、ストレッチによる慢性痛解消についてお話ししましたが、今回はストレッチの醍醐味である「柔軟性の向上」についてです。

ストレッチの場合、筋繊維に沿って関節同士を引き離す事により、回を重ねるごとに、筋肉自体の柔軟性が上がっていきます。

逆に筋繊維に対して垂直に圧をかける様な、強過ぎるマッサージは、筋肉が修復する際に以前より硬くなって戻ってしまうのです…

ストレッチにより、ターンオーバーを繰り返し、筋肉自体の質が良くなっていくのはモチロンなのですが、我々が行っているストレッチのさらなる強みは、前回書いた、脊柱の生理湾曲を正しくセッティング出来るという事です。
解剖学では、基準となる姿勢というのが決まっており、その姿勢を基にして、関節の可動域を計測するよう決まっています。
が、以前もお伝えした様に、現代人はこの基本姿勢から外れている方がほとんどです。

言い換えれば、本来動かすべきところから動かせていない方が殆どという訳です。

下の写真でも解る通り、本来動かすべきところから関節を動かせていれば、たった1回のストレッチでも、全く違う印象の柔軟性となります。


そして、これをコンスタントに積み重ねる事により、身体に動かし方が教育されて行くのです。

ストレッチの効果が持続するのは、1週間~10日と言われているので、柔軟性の向上が実感出来るまでは、週に一度はプロに伸ばされるのがベストです❗️

関節を、本来動かすべきところからしっかりと動かし、適切な方法で柔軟性の向上に努めたい方は

03-5537-7299

SSS Black Ginza まで‼️

夏は8/28の月曜日以外、フル稼働でStretchしますので、是非。

製品情報