正しい姿勢の指標

  • SSS大阪スタジオ
  • 2020/04/03
画像

正しい姿勢とは

耳孔(耳の穴)

肩峰(肩)

大転子(股関節)

膝蓋骨外側部(膝)

外果(くるぶし)

が一直線になること。

大抵の人が腹圧が抜けてしまうことで円背(猫背)姿勢になりがちです。

そうならない為のSSSがお教えする正しい姿勢の取り方

【ランバーアーチ】をお伝えします。

①まずは、股関節(鼠蹊部)に手をあてます。

②お腹を伸ばし、胸を張ります

③そのまま45度のお辞儀をします

④膝を曲げ、さらに深くお辞儀を5秒間

⑤膝をゆっくり伸ばしてきます

⑥胸から吊り上げられるようにカラダを起こします

⑦胸を張ったままお尻の穴を下に向ける(これ重要)

⑧手をおろし、綺麗な起立姿勢、完成です!!

このアーチは立位、座位どちらの時でも有効です。

このランバーアーチで作り上げた正しい姿勢で、

胸郭よりも股関節が後ろにひいた状態になることで腹圧が入りやすくなります。

前回Postしたインナーマッスルである腹横筋がコルセットの役割を果たし、

安定した正しい姿勢を保ちやすくなりますので、

日常生活に正しい姿勢を意識していきましょう。

.

ホットペッパー予約

http://b.hpr.jp/kr/sd/H000377716/

.

▼SSS大阪store &studio▼

大阪市中央区南船場3丁目628

第二芦池ビル

TEL : 06-4704-1333

 

#ストレッチ専門店

#姿勢#肩こり#腰痛#ダイエット#心斎橋#南船場

製品情報