最高の結果がだせるストレッチ💪✨

  • SSS新宿スタジオ
  • 2019/02/18
画像

新宿スタジオには、トレーナーとして
働きながらも真剣に競技へ挑戦して
いるアスリート・トレーナーが2人います。

今野トレーナーは
■現役のスノーボード ハーフパイプの選手
2018年全日本選手権 ハーフパイプ シニア優勝

菊池トレーナーは
■ウルトラマラソン日本ランキング3位
2017年フルマラソン サブ3
2018年神宮外苑 12時間ウルトラマラソン優勝

2人とも日頃ハードな仕事量にも関わらず隙間時間をつくり、その時間にはつねに
トレーニングを重ね、日々の練習から食事、生活スタイルまでプロとしての
技術力を高めるために妥協することなく最高の結果を求めて努力を惜しみません。

そんな2人のトレーナーは大会本番前には欠かさずにストレッチを行っています。

 

なぜストレッチを行うのかというと本番前、本番中、本番後に行う
ストレッチはそれぞれ効果があります

まず、本番前に行うストレッチは

◆怪我の防止

ハーフパイプやスピードの早いマラソンは筋肉への負荷が強い激しいスポーツは
身体の負担も大きく、怪我をするリスクは避けてとおれません。

負担が大きくなると筋肉は緊張しかたくなり可動域が狭くなるので
いつもと同じ動きができずに思わぬ場面で怪我をしてしまうのです。

しかし、ストレッチにて可動域を広げ柔軟性を高めておけば怪我へのリスクを
最小限に抑えることができるんですね

◆パフォーマンス向上

可動域が広がり身体が動かしやすくなることで本番中の力を出しやすくなります。

またKanekoストレッチは
表層部の筋肉だけでなく深層部の筋肉(インナーマッスル)の柔軟性を
あげることができるため、姿勢の保持や安定をすることができます。

姿勢が安定し、体幹がぶれなければハーフパイプのような着地の強い衝撃にも
耐えることができ、ランニングのように素早い着地が必要なときにも、次の動作が
俊敏に繰り出すことができるのです!

そして、本番中に行うストレッチは

◆緊張の緩和

どんなプロ選手でも本番は緊張するといいます。

緊張すると呼吸が浅くなり、自律神経が乱れ自分では意図してない
ミスが起きてしまいます。

練習では上手くいてったのに・・・
本番では力がだせないなんて、もったいないですよね。

去年の全日本では今野トレーナーは
1回目のジャンプでミスをし、2回目にミスは許されない状況となり
会場では緊張感に包まれました。

しかし、そんなときに
上半身のストレッチをして呼吸が深くなり2回目のジャンプで優勝という
素晴らしい結果に繫がりました

最後に本番後に行うストレッチは

◆疲労回復を早める

激しい運動後は、血流が乱れたり疲労で筋肉の緊張状態が続くと
後のダメージも大きくなります。

また外や雪山という冬の冷たい環境では冷えて筋肉がかたくなっているので、
より血行不良になり筋肉痛がひどくなってしまうので筋肉は動かさないと
ますますかたくなります!

しかし筋肉を伸ばすことで緊張状態が和らぎ、ダメージを
蓄積せず素早く回復することが可能!

つまり本番後のストレッチもかかせないものとなるのです

スポーツで最高の結果がだせるストレッチ

ストレッチの効果を信頼し最高のパフォーマンスを引き上げることができるのが
Kanekoストレッチという技術の高さでしょう!!

いよいよ明日、我らが今野トレーナーはスノーボード ハーフパイプ シニア
関東地区大会(予選)に出場します!

今年も狙うはもちろん、優勝のみ!

みなさんの応援の声を今野トレーナーに届けましょう!!
応援よろしくお願いします!!

またプロアスリート、大会にでている市民ランナーのみなさまも
kanekoストレッチで最高のパフォーマンス引き出しましょう!

結果がすべてのものを言う。

努力の結果は最高のストレッチで

現役アスリートトレーナーが揃うSSS新宿スタジオにお任せください!!

★新宿スタジオでは、ホットペッパービューティー でのオンライン予約も可能です♪
https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000410468/…

★無理なく健康的に続けられる
ダイエットをしたい方には、
SSSストレッチダイエットがオススメ
http://sss-kaneko.co.jp/entry/form/

製品情報