姿勢教育は子供達の未来をつくっていきます!

  • SSS新宿スタジオ
  • 2018/11/10
画像

こんにちは、佐藤です。

 

先日、目黒第九中学校で姿勢教育セミナーを行いました。

目黒第九中学校は東京都が認定するスーパーアクティブスクールというものに指定されており、
体力向上などの教育に力を入れている学校で、「スーパーアクティブスクール」とは
、体力を向上させるために指導法の工夫や、運動が苦手な生徒、好きではない生徒を対象として
体育活動等について具体的な取組を考案して、体力向上をはかる学校です。
今回学校側からの依頼により姿勢教育セミナーをさせて頂きました。

なぜ成長期の大切なこの時期に行うかというと…

13~15歳になると、ポストゴールデンエイジという第二の成長期に入ります。
身長や体重など骨格の成長が著しい時期に入り、この時期は、骨格の急激な変化によって
今までできていた動きや感覚にズレが出てしまうので、この時期に正しい姿勢を覚えることで、
身体にとって重要な器官である脳神経系、血液循環、呼吸器系への働き、
またスポーツパフォーマンスも向上させていきます。

また、姿勢を整えることで集中力UP、疲れにくくなり、身体が安定することで
余計な緊張やコリなど身体的、メンタル的な負担を改善することもできるんです!

ブログ画像

そして、柔軟性の向上方法やSSSの3つの基本姿勢!

●ランバーアーチ

●サービカルアーチ

●コアツイスト

まず、ランバーアーチで腰椎のアーチ、背骨のS字カーブをつくり、コアツイストで脊柱を中心に背中と

お尻を捻ることで背骨が立ちやすく、そして、サービカルアーチで整ったS字カーブ背骨の上に頭をのせ、

安定感を上げ正しい姿勢をキープします。

ブログ画像

そうすることで、集中力が長時間持続できたり、余計な力が入って疲れることもないのですが、

姿勢が崩れてしまうと集中力の低下や疲れやすい、身体周りの緊張やコリなどを起こしてしまうのです。

今回の姿勢教育では、姿勢を整えたことで、最初賑やかで話など聞かない子供達が多かったのですが、

姿勢を整えただけで人の話を良く聞いていました。

 

2017年に明光義塾の夏期講習に、学習姿勢改善の取り組みを行ったところ…
夏期講習前の教室全体5科目 平均点103.4点
夏期講習後の教室全体5科目 平均点123.9点と
教室全体平均点が、20.5点上昇し
平均偏差値も 4.1上昇するという結果がでました!姿勢教育をさらに多くの子供達に指導し、子供達の体力・学力・集中力の向上に向けこれからも行っていきたいと思います!

ブログ画像

姿勢教育をさらに多くの子供達に指導し、
子供達の体力・学力・集中力の向上に向けこれからも行っていきたいと思います!

製品情報