夏のダルさの原因は?

  • SSS梅田スタジオ
  • 2018/07/18
画像

梅雨が明け、全国各地で真夏日(最高気温が30度以上)

猛暑日(最高気温が35度以上)の日が続いてますね。

 

日中、外に出たくなくなるくらいの危険的な暑さです。丸焦げになりそう。

 

夏って、なんとなくだるいなーって感じたり、

体調を崩すこと多くないですか?

 

実はそれ、夏の暑さも関係ありますが、冷房が原因だったりもします!

 

電車、オフィス、デパート、カフェ、どこに行っても冷房ガンガン。

女性は特に、冷えすぎだと感じること多くないですか?

そうした状態が長時間、あるいは毎日のように続くと

実は身体ってかなり大きなストレスを受けているんです。

 

冷房の効いた室内と猛暑の屋外、この寒い・暑いのくり返しが、

体温調整や発汗をコントロールする自律神経のバランスを乱す原因です。

自律神経のバランスが乱れると、体がなかなか温まらず、汗をかきにくくなります。

 

すると、疲労物質が体内にたまるため、

だるさや疲れやすさ、夏バテの原因となるのです。

 

また、血液の流れや心臓の動き、胃腸の働きなども乱れるため、

全身にさまざまな症状が起きます。

 

☑︎手足が冷える

☑︎身体がだるい、疲れやすい

☑︎食欲不振、下痢

☑︎イライラする

☑︎肩こりや腰痛

☑︎肌荒れ

 

こんな症状が出ていたら、冷房が原因かも。

冷房は、外気温と室内の温度差は5度前後が理想です。

 

でも、自分で温度調整出来ない場所にいることも多いですよね。

 

そんな時は、、、、

 

☑︎上着を羽織る、膝掛け、靴下を履く

☑︎お腹を温める

腹巻、冷たいものを飲まない(常温)

☑︎暑い場所から帰ってきたら汗を拭く

☑︎適度な運動で血流改善

☑︎シャワーではなく、湯船につかる

冷えを対策すると同時に、熱中症対策も大切です。

こまめな水分補給も忘れず、この暑い夏を乗り切りましょう!

 

▼SSS梅田スタジオ▼

大阪府大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル 2階
TEL 06-6131-6822
▼LINEから予約可能▼

▼SSS大阪スタジオ▼

大阪府大阪市西区北堀江1-1-25堀富ビル6F
▼LINEから予約可能▼

製品情報

S帯
S襷
ストレッチ教材
hitoe