呼吸理学療法

  • SSS吉祥寺スタジオ
  • 2019/09/04
画像

円背(猫背)解消方法

猫背でお悩みの方必見です

「呼吸理学療法」で克服することが出来ちゃいます。

普段、無意識でしている呼吸
呼吸の深さやは骨格の問題です。

 

胸郭が下がってしまうと
猫背になりやすくなってしまいます。
頸椎も湾曲を保てなくなり顎を上げる形になり
気道確保が困難になり呼吸が浅くなってしまいます。

 

そこで、随意呼吸で姿勢改善と
脳に酸素を送りリフレッシュしましょう。

やることは簡単です。
口からゆっくり吐いて
鼻からゆっくり吸う

この時に大切なことが
肋骨の動きです。

肋骨は胸式呼吸をすると
外肋間筋が働き
上部肋骨の動きで、胸郭前後の奥行きが広がります。
これを「ポンプハンドルモーション」と言います。

下部肋骨の動きで、胸郭の横幅が広がります。
これを「バケットハンドルモーション」と言います。

 

随意呼吸で、この2つのモーションを操作しましょう。

呼吸がしにくくなることは
「老化」の始まりです。

 

 

【ストレッチ専門スタジオ】
SSS吉祥寺スタジオです

LINE@からのご予約依頼や
イベントの情報を受けることもできます
是非、お友達登録をお願い致します

登録が完了しましたら
最後に必ずスタンプを
送って下さいね
最後のワンプッシュが重要です
宜しくお願い致します
LINE@の登録は
↓↓↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40sss.kichijoji

web予約はこちらから
↓↓↓↓↓
https://airrsv.net/sss-kichijoji-studio/calendar

SSS吉祥寺スタジオ
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-5
吉祥寺公園通りビル地下1階
0422-27-5326

製品情報