呼吸の効果

  • SSS大阪スタジオ
  • 2020/04/05
画像

【呼吸で姿勢がよくなる】

深呼吸をしてみてください!

深い呼吸をしようとすると肋骨が広がり背筋も伸びてきませんか?

その呼吸が大切

呼吸をするための呼吸筋の中に「横隔膜」があります。

この横隔膜を使えるようになることが重要でこの部分がしっかり動かせるようになると肋骨の動きも良くなり正しい姿勢をとりやすくなります。

横隔膜は肋骨の内側ついている筋肉 (写真①)




《呼吸時の横隔膜の動き》
息を吸う時➡︎下がる(下制)
息を吐く時➡︎上がる(挙上)
(写真②)



横隔膜を意識して呼吸を行う事で肋骨が広がり、

胸郭全体(写真③)が引きあり背骨が伸びていきます。



今回は、正しい姿勢をとるための「均等呼吸」を紹介します。

①ますば一度息を口から全て吐ききる
②5秒鼻から深く息を吐う
③5秒口から息を吐く

この②③動作を3回繰りしてください。

この呼吸を日常に取り入れていくことで姿勢が改善します。

ぜひやってみてください!

.

▼ホットペッパー予約▼

http://b.hpr.jp/kr/sd/H000377716/

.

▼SSS大阪store &studio▼

大阪市中央区南船場3丁目6番28号

第二芦池ビル

TEL : 06-4704-1333

#ストレッチ専門店 

#姿勢 #肩こり #腰痛 #ダイエット #心斎橋 #南船場

製品情報