ダイエットメンタル②

  • sss_ginza
  • 2020/03/28
画像

①の続きです。

 

しかし、食事については、
美味しかった記憶や
満腹の多幸感、
食べない時の苦しさなど
様々な脳の記憶が、
何かをきっかけに出てきてしまうんだと思います。
そして、これくらいならいいだろう、
朝食べてないから昼はこれでもいいかな、夜少なめだからおやつ食べよう。
痩せてる人でも甘いもの食べてるじゃん。
と、勝手に自分に都合のいいように解釈して、言い訳して、結果食べてる事が多いです。
脳が指令を出すんでしょうね。
砂糖は麻薬より依存性が高いという研究結果もあるそうです。
だからこそ、脳に指令を出させない為に、2ヶ月のプログラム中にある程度血糖値が安定してきたら、
あ、前だったら、このおやつ食べてたなとか。
この物足りなさはご飯で埋めてたなとか、
今までの悪い習慣を噛みしめながら、
それを乗り越える方法を探して、
野菜で満足できた!
良く噛んだらお腹いっぱい!
という結果を作り、
自分で自分のことを褒めてあげてください!
さらにはそれを発信して、誰かが認めてくれることも、ダイエットを後押ししてくれます。
ももちさんのダイエットを通して、悩んでいる人の力に少しでもなりたいという気持ちも素晴らしいです
まずは少しでも頑張れた自分を認めてあげましょう。
そして今まで太る自分を作った習慣や甘い考えと少しずつさよならしましょう。
逃げ道を探すのではなく、
もっと幸せな道を探すのです。
我慢ではなく、もっと楽しいし気持ちいいし、好調!だから大好き!
その気持ちで2ヶ月がんばれたら、必ずダイエットは成功すると思います。
つまりね、ももちさんの今回のダイエット、今のところ成功の可能性大なのです。
 
この2ヶ月が踏ん張り時です。
 
皆さんの応援もきっと力になります。
 
応援お願いしますね

製品情報