「椎間板ヘルニアは手術なしでも痛みはなくなる」

  • SSS新宿スタジオ
  • 2019/08/22
画像

こんにちは
新宿スタジオ池田です。

椎間板ヘルニアで悩んでいる方のうち、
手術が必要とされている人数は
およそ1200万人になります。

椎間板ヘルニアとはどういう病状なのか。。

椎間板ヘルニアとは
脊柱(背骨)は椎骨(ついこつ)という小さな骨がブロックのように連なってできています。椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割を果たしている椎間板の一部が後方に飛び出し、それが神経を圧迫することで、痛みやしびれなどの症状を起こします。
詳しくは下記画像をご参照ください。

 

けれど、手術後にヘルニアによる脊髄・神経の圧迫が著しい場合、脊髄・神経が一部分回復できなくなっているときがあります。その場合は、しびれ、痙性麻痺が残ります。

 

手術には他にも様々な弊害があります。

ではどうしたら良いか??

脊柱の配列を整えることです。
(下記画像を参照ください。)

 

 

ヘルニアの一番の原因は椎間板が飛び出るような姿勢を日常的に作ってしまっていることです。

脊柱の配列が崩れることで、脊椎と椎骨に傾きが生じて椎間板は出っ張ってしまうのです。

配列がしっかりと整うと、椎間板の突出は徐々に改善されていきます。

Kanekoストレッチを受けたあとには自然に脊柱が整います。
継続的にKanekoストレッチを行うことで、手術なしでの生活の可能性が高まります。

Kanekoストレッチで手術せずにヘルニアの痛みを無くしていきましょう!!

 

★SSSホームページ↓↓
http://sss-kaneko.co.jp/

★新宿スタジオでは、ホットペッパービューティー でのオンライン予約も可能です♪
https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000410468/…

★無理なく健康的に続けられる
ダイエットをしたい方には、
SSSストレッチダイエットがオススメ⬇︎
http://sss-kaneko.co.jp/entry/form/

製品情報