☆kanekoストレッチで【痛みは消える❗️】

  • SSS新宿スタジオ
  • 2019/05/10
画像

vol.⑦「股関節の硬さ・痛みを1回のストレッチで解消❗️その方法とは?」

『股関節が硬くて…』
『股関節に痛みが…』

SSSに初めていらっしゃる方から何気に良く聞くフレーズなんです^ ^
実は、悩んでいる方は非常に多いんですよね。

■そもそも何故、股関節は硬くなるの?
股関節とは、骨盤と太ももの大腿骨の連結部分。球状になっており、可動域が広く、立つ・座る・歩く・階段の昇降といった全ての日常動作〜あらゆるスポーツのパフォーマンスにまで対応出来るほど、大きくダイナミックに動く構造になっています。

まさに、人間にとって「動作の要」。
なので、長時間のデスクワークや立ち仕事、また、長年の生活習慣や、不良姿勢などで股関節周りの同じ筋肉にばかり緊張が集中し続けることで硬くなるのです。

今回ご紹介のクライアントもその1人。
左股関節周り、臀部〜もも裏にかけて動きが硬く、神経痛のような違和感・痛みが数日前より出ているとのこと😰
早速、身体をチェックしてみました☝🏻

■身体が全体的に左に傾いていた!

 

ます、仕事中同様に座り姿勢をチェック❗️
1番気になったのは、後ろから見た時の「肩の左右での高低差」と「首の左側への傾き」。
かなり背骨が左側に反っていて違和感のある箇所に体重が偏り、負担が掛かっていました。
問診したら、どうやらお仕事中、左側に資料を置き、チェックしながらPCを長時間操作することが日常的に行われていたとのこと。

■ポイントは「大腰筋」

長時間のデスクワーク+極端な左股関節への荷重で、股関節に屈曲拘縮(関節が固まり伸ばしにくくなる)が出ていた。
股関節の屈曲がスムーズにできなくなることで影響を受けるのが股関節屈曲の主働筋である「大腰筋」。
大腰筋は、さらに姿勢を保持する上で要となる腰椎アーチを安定させる重要な働きもある。
つまり、大腰筋の機能低下が起きる状態になるとバランスの取れた姿勢も保持できなくなり、結果、身体が傾き不調へと繋がるのだ。

■改善させるには?
まずは、機能低下した大腰筋がスムーズに働ける状態にすることが重要。
その為に、kanekoストレッチにて全身の柔軟性を向上させ、デスクワークによって崩れた姿勢を適正姿勢にセッティング。

更に、ポイントとなる「大腰筋にピンポイントでダイレクトストレッチを施し機能改善を促しました。
結果、肩の高低差・首の傾きが改善され、1回のストレッチで硬さ・違和感・痛みは消失した。

■再発させないためには?
デスクワーク環境の工夫や、偏った姿勢・身体の使い方を癖付けないセルフケアのアドバイス。
そして、kanekoストレッチで定期的に姿勢をセッティングしていくことが重要☝🏻

  

プロのストレッチトレーナーによるマンツーマンのパーソナルストレッチなら、ご自分では気付けなかった痛みの根源を的確に発見して症状改善に導きます💪

お身体のお悩みならSSSストレッチトレーナーにご相談下さい❗️

 

★新宿スタジオでは、ホットペッパービューティー でのオンライン予約も可能です♪
https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000410468/…
★無理なく健康的に続けられる
ダイエットをしたい方には、
SSSストレッチダイエットがオススメ☝🏻⬇︎

申し込みフォーム

製品情報