コロナ〜終息の道

  • 兼子ただしブログ
  • 2021/01/04
画像

 

年末年始にかけて、
コロナ感染者数は増えてます。
緊急事態宣言が出させるか?ほどです。

でも兼子はこの感染者数に危機感は感じません。そもそもこのコロナ騒動は『報道騒動』だと思います。報道の仕方で起きている産物ということです。

『感染者』より『回復者』を報道すべきです。

そもそもコロナの怖さは、
このウィルスに対してのワクチンがない事、イコール『治せないもの』というような印象があり、混乱を招きました。その報道がなされたのが、昨年の2月。

そこから感染者を増え続け、今では累計24万人の感染者です。

あれ?でも退院(回復者)は約20万人います。ワクチンも無いし、専門薬も無いのに回復する??という事実報道は、ほとんどされてません。

実際に重篤化されて、死亡された方は約3600人で、この人数は例年死者数の出る『インフルエンザ』と同レベルです(インフルエンザは専門薬があるのにこの数字です)

また、医療崩壊が騒がれてますが、実際にコロナにかかったうちのスタッフは、指定されたホテルに滞在させられ、治療は『無治療』です。なにもしてません。そして10日後に症状は治ったと報告すると『確認検査無し』で退所させられました💦

ようは、
治療は無し、
確認検査無し、
『良い』と国が認めているのです。

【結論】
コロナは一時の恐怖があるほどの病気では無く、ワクチン、投薬無しでも回復する病気レベルということ。
※(重篤化する方も1%ほどいます)重篤化する割合は他の肺炎やインフルエンザなどと同じです。

コロナは、
感染騒動×
報道騒動◎
と思ってます。

報道は公平に!
『感染者』と同じように、
『回復者』を報道すべきです!

【追伸】
ちなみに『感染者』とは無症状の方も含んでいます。今までの他の病気は『患者』と症状が出た人だけを数えてます。
インフルエンザの『感染者』をもし検査したら、コロナ感染者24万人と同レベルになる可能性は高いでしょう。

 

製品情報