時短

  • 兼子ただしブログ
  • 2020/07/30
画像

 

コロナ時代はまだ続きそうです。
コロナ時代に必要なのは、
ソーシャルディスタンスだけではなく、
ソーシャルタイムというような、
『接触時間』も考慮すべきかもしれません。

手技療法も『時短』の時代になると思います。

兼子のストレッチは最短で、
『3分間』この時間で症状改善や痛みの消失は充分に可能です。おそらくらこの短時間は、業界最速と思います。

この時間の短さは
『高いクオリティ』の証明です。

クオリティの低い治療法・店舗ほど、
『長時間』をススメます。それはサービス業だからということです。

兼子のストレッチはサービス業ではありません。健康医学を目指す療法です。重要なのは『サービスする時間』ではなく『身体変化の結果』です。

身体の結果を出したい方は、
兼子のストレッチ(理学療法領域)を受けることをおススメします。

時間=人生です。
短い時間で成果を出す方が良いに決まってます。
 

製品情報