勉強

  • 兼子ただしブログ
  • 2020/07/06
画像

トレーナーは勉強するのが仕事、

人の身体に対する考え方が、

学習様式に反映される、、、と兼子は考えます。

だから僕らは勉強を楽しみ、勉強をやめません。

『これぐらいでいいや』

と勉強をやめる気持ちになった時、

患者さんはクライアントにその気持ちが伝染し、信頼性を失う。トレーナーなのに『商業的戦略』に力を入れる事になってしまう。

勉強する気持ちのあるらトレーナーは、

人の身体に興味があるからこそ、勉強を楽しみ続ける。

人の身体に関する職業は、

人の身体に関わる仕事としての自覚が有るか無いかでその品質が決まる。

コロナ時代に、健康産業業界は、

必須か否か選別されてきています。

正しく意味あるものは残り、

勉強不十分なものは消える、

兼子はそう考えています。

僕らは勉強が大好き。

同じ考えの人間が集まり更に高まる。

身体学習は、

自分とクライアントを逞しくするツールだ。

 

 

 

製品情報