走り方

  • 兼子ただしブログ
  • 2020/03/21
画像

走るのは苦手、、、でも走りたい。

そんな人は沢山いる。

昨日の runningセミナーでその不安はぶっ飛んだ方々が続出した。大人も子供も。

兼子は13年前〜右膝の前十字靭帯完全断裂という怪我をした。

しかし今でも手術をしないで走る事が出来ている。

100㎞ランニングもトライアスロン ironman226㎞もやり切れた。

それには理由があります。

『走り方』を変えたのです。

踵から着かず『前足部』から

膝関節ではなく『足関節』

結果兼子は走れるようになり、

その方法は他の方々にも波及させてきた。

結果『走れない』人が『走れるように』なった。

走れる身体は

『免疫力』『体力』『集中力』を上げます。

どんな運動よりも健康能力を向上させると思います。

今回のセミナーで気づいてくれた方々が大勢いて、楽しく充実した時間になりました。

次回は4/19 1500〜

走りを磨くは、

人生を磨くのと同じ

大人も子供も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製品情報