新教科書

  • 兼子ただしブログ
  • 2020/02/02
画像

4月から始まる『ストレッチトレーナー資格』新教科書を撮影した。

 

4月からのストレッチトレーナー資格者は、

Kanekoストレッチの手技技術を学ぶ。

慢性疼痛の改善、

頚肩腕症候群(肩こり)

腰痛症、四十肩(肩周囲炎)膝痛、

猫背(不良姿勢)を科学的根拠をもとに改善させる。

 

また医療現場・高齢者施設でも問題視させる『不良姿勢(円背)』の方への理論的指導も出来る。

 

そして肥満の対処法(ダイエット)も指導出来る。この指導も科学的根拠に基づく確実性の高い方法だ。

 

これらの理論を統合した、

新しい教科書は『中身が濃い』

 

よって中身の濃い授業となる。

 

授業内容は、

・ストレッチの生理学的効能

・筋系組織の生理作用

・触診・視診技術

・関節可動域拡張〜筋弾性向上

・ストレッチ体位体制概論

・適性姿勢概論

・機能向上ダイエット理論

・日常動作分析〜アセスメント

 

など、今までよりも『医学的根拠』が色濃い。身につけることに価値の高い内容だ。

兼子は、

『ストレッチは科学だ』とも思うし、

 

『ストレッチは医学だ』とも思う。

 

これを裏付け、

世の中に定着するには、

これを『確信する人』を作ることだ。

 

4月から生徒になる方々にお伝えしたい、

『人の為になる高い技術、お楽しみに』

 

兼子ただし〜トレーナー20年のキャリアを全てぶつけて教えよう。

兼子ただしの本気の指導、4月の方々、お楽しみに。

 

 

※新しい教科書は銀座store、飯島、千葉が担当してくれた、、、、楽しく撮影出来た!

 

製品情報