固定観念

  • 兼子ただしブログ
  • 2019/06/21
画像

歳をとったらこれが出来なくなる、、、、

そんな固定観念、この人に会ったらぶち壊される。
86歳トライアスロンironman226㎞、エイジ世界チャンピオン
稲田弘さん!
とうとう会った!
久しぶりに人に会って興奮した!
 
 

聞きたかったことを早速質問、

兼子『なぜトライアスロンやっているのですか?』
稲田さん『だってカッコいいじゃん!それと練習すると出来なかったことが出来るようになるからねーー!青春だよ!今、青春!』
 
とのご回答。(笑)
良い意味で子供のようだ。
青春という言葉は連続で5回くらい言っていた。
 
しかもその喋り方は、
ハッキリ、大きく、早くて、アグレッシブ、
姿勢も良く、ノリもいい!最高のご高齢者だ。
 
 
 

ショートパンツにリュック、

そしてピッと立ってる。

この人が86歳と思えるか?

 
 
今までのご高齢者への感覚や固定観念が、
音を立てて崩れ去っていった。
 
兼子『人生楽しいでしょ?』
稲田さん『そーなんだよー人生の後半なのに楽しーねー!青春だよ青春!』(笑)
 
 
人は子供のように希望を持つことが、
年齢という固定観念に勝つ方法だと思った。
 

稲田弘(86)

ironmanエイジ世界チャンピオン
国宝級の価値のある人材。
これからの高齢化社会のヒーローだ。
目の前で見たら痺れるぜ。
兼子でさえ痺れたからな。
 
稲田さん、下記の学会発表にゲストスピーカーでいらっしゃる(参加者限定人数)
自分や自分の親や友人の『固定観念』を壊してあげよう。
それを壊すことのメリットは計り知れない(近日、限定人数・チケット販売開始)
 

 

 

製品情報