資格

  • 兼子ただしブログ
  • 2019/06/17
画像

ストレッチトレーナー資格

この資格には高い価値がある。
兼子はそう思っている。
病院に行っても治らない症状、
街中のマッサージやほぐしなどでも改善されない慢性痛、これらを全て『改善』出来るのがパーソナルストレッチだ。
 
そもそもパーソナルストレッチは『理学療法領域』の手技で、リハビリテーションの病院内で行われていた手技だが、
これを一般健常者用にストレッチ手技を行えるのがこの資格者だ。
中でもうちの学院のストレッチトレーナー資格の内容は『科学的』だ。
この資格の考案者の兼子は、専門がスポーツ科学だ。科学的に有効であるストレッチ方法(筋の走行、関節形状に合った伸ばし方)は、解剖生理学的に思考してつくられた手技だ。
 
僕らはストレッチ手技を『サービス業』としてやっているのではない。
一部チェーン展開しているストレッチ専門店があるが、次元が違う。
 
症状改善と機能向上を目的として、
科学的根拠を基にストレッチを行っている。
目指すは国家資格化だ。
 
コツコツとストレッチトレーナー資格を育成し、彼らが活躍する道をつくっていうと思う。
 
今回の資格取得者の皆さん、おめでとう。
これからたくさんの人を喜ばそう。
 
 
 
 
 

ストレッチトレーナー資格者、

毎月の勉強会は月の第1日曜日。
 
ストレッチトレーナー資格、
次回の開催は10月〜
 
お楽しみに。

製品情報