教える人の条件

  • 兼子ただしブログ
  • 2019/04/10
画像

人にえる条件

それは『自分が進んでいる人』だ。
 
意外とこれが出来てない人が多い。
昔の栄光を糧に指導する人、
自力実践を軽視したまま教える人、
その方法で教えることは難しい。お手本がないからだ。
(ちなみに理学療法学科で太った指導者がいる(笑)なぜ??)
 
出来ない上司ほど口だけで指示する。
出来る上司はやってみせる。
 
兼子は後者でありたい。
だから自分を進化し続ける努力をする。
仕事、勉学、トレーニングはやり続けて当然と考える。
 
昨日はバイクトレ、、、汗だくになった。
 
 
IRONMAN Asia Communication Manager
IRONMAN-Uの公式認定コーチの
Sam sakaiさんにご指導頂いた!
この人は只者じゃない!
指導者としてはもちろんだが、コミュニケーション能力がハンパない!
人間の力は数値出来ないが、車で例えるなら🚘ベンツ!
コミュニケーション能力がメルセデスベンツです!
 
 

彼に会ったのは初めてのironmanに参加した台湾。ルール説明を笑いを取りながら行っていた猛者。

久しぶりに喋りが面白い人に会った、、、という印象。

キャラ・オーラも兼子と少し被る(笑)ironman業界は面白い人が多い。

 
 

Samコーチもやほりironmanの現役トライアスリート。兼子と同じケアンズに出る。

教える人の条件をしっかり満たしている方。
そして面白い人。教えることももちろん上手な人。
 
進んでいる人に教わるのと、
止まっている人に教わるのは、
全く別世界。心への入り方が違う。
 
だから兼子は進み続ける。

製品情報

S帯
S襷
ストレッチ教材
hitoe