テレビ

  • 兼子ただしブログ
  • 2019/03/23
画像

テレビの収録時の兼子は

いつもと少し違う顔をする。
 
テレビでは『自分が求められてる事をする』
そう考えている。だから自分の都合や気持ちや機嫌など関係ない。
見ている人が『面白い』と思ってくれることを想像し『いつもの自分を殺す』
 
テレビに出るようになって約10年、
出続けられる事に感謝しつつ、
カメラの前では全力を出す。
 
その結果、喜んでくれる人がたくさんいる環境はとても幸せだ。
 
人前でそんなに話すことが得意じゃなかった兼子が、今では得意になっている。
 
この環境、本当にありがたい。
 
次はこの想いを共有する仲間をつくろう。
 
 
 

公共の電波を使っている以上、

公益な事に繋がることを願っている。
 
 
 
 

製品情報