走る=スペックアップ

  • 兼子ただしブログ
  • 2019/03/12
画像

兼子は毎日走る。

 
10数年前から続いている。
なぜか??人間のスペックが上がるからだ。
逆に言うと走らなければ、加齢と共にスペックは下がる一方だ。そんなことはイヤだ。だから走る。
 
ただ走り方が問題だ。
心拍数をしっかり管理しながら走る事が重要だ。
これも10年以上続けている。結果、10年以上風邪をひいていない。これは便利だ。
 
 

心拍数をしっかり管理して走れば、

・心臓の拍出量が増える(心筋壁の厚さと左心室の容量が増加する)
・赤血球量が増加する(赤血球は各部位に酸素を運搬する働きがある)
・毛細血管が増加する(各部位へ酸素・栄養を運搬し、体熱上昇効果がある)
・ミトコンドリアが増加する(細胞内のエネルギーを産生する)
 
 
などがあげられる。
ね、人間のスペックが上がるでしょ
 
車で言えば🚗
走らず運動不足のままなら、
最初は3000CCの車だったのに、
気がついたら900CCの軽自動車のエンジンになってた!?みたいな話だ。
でもゆっくりでも走れば、
3500CCハイブリットエンジン!
みたいなことに徐々になっていく。
 
自分のからだを常にハイブリッドにしたい。
 
だから走る。
 
で、あなたは?

製品情報