決して固めてはなりません❗️

  • SSS Black Ginza
  • 2017/07/09
画像

こんばんは、高橋です。
前回は、無理に肩甲骨を寄せて、胸を張ろうとしてはダメという事を書きました。
今回は、もう1つ気になっている「腹を固めてはダメ❗️」についてです。
これもまた、「姿勢を保とう」という意識が強すぎるのか❓腹筋に力を入れる、もしくはドローインを意識し過ぎて、腹部を固めてしまうという人が目につきます。
それが原因で、骨盤は後方にあるものの、骨盤が後傾し、ドタバタしている方も多いです。
以前にもお伝えした様に、腹筋は外旋して使うのが⭕️なので

締めるとか縮めるという意識があると、固まって脚が動き辛くなるばかりか、上下半身の繋がりを欠く原因となってしまいます。

腹部を輪切りにした下の写真を見ていただくとわかりますが、力を入れて、締めたり固めたりし、薄っぺらい筋肉がいくら頑張ったところで、たかがしれてます。

それよりも、白い部分を占めている横隔膜が可動する事で、腹腔内圧を高め、大腰筋等がしっかり働く状態を作るのが大事です。

なので、コア•ツイストをして、姿勢を整えてスタートしたら、後は呼吸に専念しましょう❗️

首、胸、骨盤の各ポジションが整い、骨盤の前傾角を保って走る事で、適正な位置に着地した結果、勝手に伸びる、勝手に締まるというのが理想的です。

その方が、腹が動いてる感覚が、分かりやすいはず‼️

脱力して、全身柔らかく使って走れる様になりたい方は、7/16&7/30の17:00〜Run Lessonがありますので

‪03-5537-7299‬

SSS Black Ginzaまで。

製品情報