少量ずつゆっくり補給!

  • SSS柏スタジオ
  • 2018/12/05
画像

こんにちは。柏スタジオの荒井です。

脱水というと夏のイメージが強いですね。
冬でも脱水を引き起こすリスクがあります。

冬の日常生活において脱水が生じる機序を
体の周りの環境(外的環境)と体の内側の環境(内的環境)に分けていきます。

外的環境・・・空気の乾燥。
皮膚や粘膜、あるいは呼気から自覚がないまま水分が失われる『※不感蒸泄』が増えます。

※普段感じることのない水分の喪失

内的環境・・・夏場に比べて飲料の摂取が減りがち。
また体感温度が低いと喉の渇きを感じにくかったり、体を冷やしたくないなどの理由で控えている場合もあります。

時期は関係なく、脱水予防として水や白湯などの飲料を意識して摂ることが大切です!

柏スタジオ
TEL 04-7189-7116
ホットペッパービューティーからの予約も可能です。
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000362866/

 

 

 

製品情報

S帯
S襷
ストレッチ教材
hitoe