内蔵から痩せ体質へ

  • SSS新宿スタジオ
  • 2020/01/26
画像

体重を落とすだけのダイエットは古い?
内蔵機能から痩せる体質をつくる!

「ダイエット」

といえば「基礎代謝」を上げること!

※ 基礎代謝とは…
運動など含めた体の全消費エネルギーのうち
約70%を消費する最大のエネルギー消費代謝で
脳や心臓、消化器系や呼吸器系などの
生命維持のために必要なエネルギーです。
一般成人の女性で1日あたり約1,200kcal男性では約1,500kcalが消費されるといわれています。
基礎代謝は成人を境に年齢とともに減少し
特に30代以降は減少が顕著になって
中年太りの要因になるといわれています。

基礎代謝をつけて痩せるなら
やっぱり筋トレでしょ

確かに、筋肉をつければ
基礎代謝は上がります!

しかし、基礎代謝の割合をご覧下さい

肝臓:27%
脳:19%
筋肉:18%
腎臓:10%
心臓:7%
その他:19%

筋肉の占める割合は
全体のなんと19%程…全体の2割程度です。
内蔵が60%と半分以上を占めているんです!

骨格筋によるエネルギー代謝量は
肝臓などの他の内臓等に比べ少ないため
それだけで劇的に脂肪を減らすというのは
むずかしいかもしれません

内臓のなかでも、肝臓が27%で
最も消費量が多くなっています

つまり

「肝臓」の代謝を良くするほうが
効率よくダイエットが進みそうですね

効率的に痩せるためにも肝臓機能アップの
ための「肝トレ」を視野に入れてみましょう!

■ 具体的にどうすれば良いのでしょうか?

◎Point①
肝臓機能を上げるためには
たんぱく質をしっかりとる

★これは肝臓に限らず、身体の代謝には
タンパク質が必要

一日に体重×1g(ダイエット中なら体重×1.2g)、一食分だと手のひらサイズの魚介類、肉類、大豆製品を目安にし、それに加えて、
肝臓機能を補助する栄養素(クルクミン・亜鉛
リコピン・タウリン・オルニチンなど)を
積極的にとっていきましょう。

◎Point②
飲酒を控える

肝機能を低下させる
大きな原因となるのが飲酒です。
アルコールの解毒や酸化ストレスにより
肝臓の細胞にダメージを与え働きが弱まります。

Point③
加工食品や糖分摂り過ぎに注意

加工食品全般に含まれる不要な添加物
過剰な糖分摂取が、肝臓の状態・代謝を
悪くします。

Point④
定期的にストレッチをする

内臓は自律神経によってコントロール
されているので、自律神経が乱れてしまえば
内臓機能までも乱れてしまいます。

ストレッチで副交感神経・交感神経のバランスが整い、内臓機能=肝機能が促進されるのです。

実際に我々SSSがおこなっている
kanekoストレッチで肝機能が促進された
実験結果もあります

これらのポイントを踏まえ、基礎代謝を
高めることが「痩せやすく太りにくい身体」を
作ることに繋がります

プレミアム・ダイエット・プログラム
では、痩せるダイエットの常識を超えた
進化系ダイエットプログラム
体重管理だけでなく、バイタル管理を行い
身体を根本的。基礎代謝をあげ痩せやすい
身体を継続的に維持していくことが可能

専門知識に基づいた
徹底的な管理を行っています

目指すのは、痩せるその先へ!

■Premiere diet program
お問い合わせ・予約は
新宿スタジオにてご連絡ください

★SSSホームページ↓↓
http://sss-kaneko.co.jp/

★新宿スタジオでは、ホットペッパービューティー でのオンライン予約も可能です♪
https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000410468/…

お勧め《短期集中コース》
★無理なく健康的に続けられる
ダイエットをしたい方には、
SSSストレッチダイエットがオススメ⬇︎

申し込みフォーム

製品情報