体温調節できていますか?

  • SSS柏スタジオ
  • 2018/08/23
画像

こんにちは。柏スタジオの荒井です。

寒い時は暖房で温め、暑い時はクーラーで冷やす……。
温度調節を機械に頼ることが当たり前で、自分のカラダで体温調節ができなくなっています。

体温調節をする力を取り戻すために重要なのは「呼吸」です。

体温を調節しているのは、自律神経。
自律神経は、正反対の働きをする「交感神経」と「副交感神経」の2つあります。

*交感神経は、「活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時」に働く。
*副交感神経は「食事の時、入浴の時、睡眠中」に働く。

交感神経が優位の時は呼吸が早くなっているので、カラダが冷えます。
副交感神経が優位の時は、深い呼吸に。
リラックスすることで酸素をたくさん取り入れることができ、カラダの細胞が活性化し温まります。

冷え性に悩んでいる方、息を深く吸って吐く「深呼吸」がおすすめです!
深呼吸は、主に横隔膜の上げ下げにより肺を伸縮させて行います。
新陳代謝が促進、血液循環も良くなることで手先や足先といった末端まで血液がいくことでカラダがポカポカに!

私の冷え性改善も呼吸でした!

深呼吸で副交感神経優位に。呼吸、とても大事です。

柏スタジオ
TEL 04-7189-7116
ホットペッパービューティーからの予約も可能です。
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000362866/

 

 

Human Diaphragm Anatomy Illustration. 3D render

 

 

 

 

製品情報

S帯
S襷
ストレッチ教材
hitoe