それってストレス?? 改善するには〇〇が有効‼

  • SSS新宿スタジオ
  • 2019/12/19
画像

こんにちは

新宿スタジオ池田です。

人は知らず知らずのうちにストレスを感じているいます。
ストレスには過程があり、ストレッサー(ストレス刺激)を感じることで、
結果、ストレス(ストレス反応)を受けるのです。

ストレッサーには種類があり、
・物理的ストレッサー
・科学的ストレッサー
・心理・社会的ストレッサー
の3種類になります。

詳しくご説明すると

【物理的ストレッサー】

温度や光、音など物理的な環境刺激のことです。
エアコンの温度が暑すぎる・寒すぎる、
太陽光や照明がまぶしすぎる・暗すぎる、
オフィスがうるさすぎる・静かすぎるなどです。
最近では、パソコンやスマートフォンなどのディスプレイなどもストレッサーとなります。
音に関しては、工事現場の音、自動車や飛行機の音など、外部からの影響もあります。

【科学的ストレッサー】

化学物質や有機溶剤、金属、アルコール、タバコ、薬物、食品添加物といったものです。化学物質などの目や喉への刺激、匂いあるいは毒性はもちろんのこと、室内の空気環境(酸素欠乏)などもストレッサーとなります。

【心理・社会的ストレッサー】

普段私たちが「ストレス」と言っているものの多くは「心理・社会的ストレッサー」のことを指しています。職場には仕事の量や質、対人関係をはじめ、さまざまな要因からストレッサーとなりうるということです。

このようなストレッサーに当てはまるものが複数あるかと思います。

 

ここからが本題です。

人間の身体はストレスを感じると、
主にコルチゾールといったストレスホルモンが分泌して血管を収縮させてしまうことで血行を悪くさせるのです。
また、精神疾患の原因にも繋がります

ではどのようにストレスを減らしていったらよいのか

①アメリカの実験で、
うつ患者にカウンセリングとジョギングを併用した治療を行い、カウンセリ ングだけを行った患者と比較したところ、有意に改善しているという結果が出た。また、抗うつ剤と比較して、副作用の危険性が低いという点や筋力低下の予防というメリットも見られました。

 

②同アメリカの論文で
人間は社会的な存在であるが、他者と遊ぶことによって、他者と共に生きてい くことの喜びや連帯感を感じることができ、自由な雰囲気のなかで遊ぶことによって、怒りなどの抑圧されていたストレスを表 出したり、現実生活のなかでは充足することができない願望を満たすことがで きる。それによって精神的に健康な生き方をとり戻すことが可能になる。
という研究結果が出ました。

 

①と②を踏まえてオススメは団体でのランニングです。
sss 新宿スタジオでは、大人数で楽しむランニングレッスンがあります!!

老若男女問わず誰でも行えるランニングレッスンです

ランニングでストレスを飛ばしましょう

 

★新宿スタジオでは、ホットペッパービューティー でのオンライン予約も可能です♪
https://beauty.hotpepper.jp/smartphone/kr/slnH000410468/

製品情報