【コラム】柔軟性が上がると・・・①疲労軽減

  • SSS青山スタジオ
  • 2017/05/31
画像

柔軟性は高い方が良い!

・・・漠然とそんな印象を持っている方は少なくないと思います。

ではなぜ柔軟性が高い方が良いのでしょうか?

柔軟性が上がることによる好影響は様々あります。

ですので今日はその一つ目『疲労軽減』についてお伝え致します!

 

柔軟性向上がなぜ疲労軽減に繋がるのか?

柔軟性が低い状態=筋肉などが硬い状態というのは

例えると、機械などで潤滑油が切れた状態です。

潤滑油が切れた状態だと動かそうとしたときにキーキー音がして摩擦が増えます。

対して潤滑油が差された状態だとスムーズに動くため、余計なエネルギーのロスがなくなります。

 

柔軟性が低い身体だとこれと同じことが体内で起こります。

人は日々身体を動かして生活しているわけですが、その動作一つ一つの

動きやすさが変わることによって疲労度が変わってきます。

また筋肉が柔らかくなることによって、血管のポンプ作用が強化され血液循環も良くなり

疲労物質(老廃物)も体外に排出しやすくなるため、疲労が蓄積しづらくなります。

 

中々疲れが取れない!という方は柔軟性向上に取り組まれてみては如何でしょうか?

次回以降も引き続き柔軟性についてお伝えしていきます。

 

====================================
【スリーエス渋谷スタジオ】
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-10-12ミヤギビル8F
TEL :03-5778-4066
====================================

製品情報