コロナ前後の比較

  • 兼子ただしブログ
  • 2020/09/09
画像

SSS銀座storeの状況、
新型コロナ前と今とを比較してみた。
結果は224%UP↑
ストレッチの力の証明だ。

これはいらっしゃるクライアントの皆さんが、健康意識が高い今『ストレッチを求めている』ことと思う。

自粛期間中、休業した同業者もいたが、
いささか疑問であった。サービス業であるという自覚なのだろうか?

健康を気にする時期に、健康産業者が休む?意味がわからなかった。
感染リスクを徹底した上で、少しでも健康利益を与えることが、我々の役割のはず。

だから兼子は休業をしなかった。
そして健康利益を引き出すプログラムを多くの方々に提供した。その結果が224%となった。

健康を提供する人間として、
役割を果たしているこの手応え、
これからも兼子ただしのやるべき事を全力でやり続ける。

ストレッチは公益手段、
人の健康は公益財産

 

 

 

 

 

 

 

 

製品情報