アフターコロナ

  • 兼子ただしブログ
  • 2020/06/08
画像

アフターコロナ時代、

より健康に対しての感心度合いが高まる事が予想されます。

僕ら健康産業の人間は、

予防医学や自己免疫力向上に効果がある、

根拠に基づく内容を提供する『義務感』が生まれてくると思います。

 

人の健康体を維持する方法として、

ストレッチは最善であると僕らは思っているし、効果は科学的にも明らかです。

よって、人の健康性を高めるという公益な内容を伝える事、人の身体に関わるという責任ある職業であると心に刻みたいです。

ストレッチをより進化させる、

これが兼子ただしの課題と思っています。

 

よって、ストレッチをただの金儲け、生活費稼ぎで行う方々が嫌いです。というか不用と思っています。

ストレッチはそれらに利用するものではありません。

目先の利益を追求した軽率な振る舞いでチェーン展開し、店舗数を自慢している企業もありますが、見ていて滑稽です。少し恥ずかしい。

兼子も多店舗経営していますが、

その事でクオリティが下がるなら、

店は減らしていいと思ってます。

 

世の中の為になる、、、、

これがストレッチの役目。

ストレッチは科学、

時に医学的役割もある。

軽率な振る舞いは不適切、

意欲的な研究と学習が適切、

そう思います。

 

コロナキッカケでそう思いました。

日々の研究でわかったこと、

『筋肉だけを伸ばしても、柔軟性は上がらない!』という事です。

これらを検証していき、

ストレッチの価値を上げていく、

それが兼子ただしの責務です。

同業者の方もご注目ください、

筋肉だけをストレッチしても、

柔らかくならない人、いますよね?

でも見て見ぬ振りですか?

それ『神経』をストレッチで解決します。

学びましょう

健康産業の業界人が、

学ばなくなったら、偽物です。

学ばないなら転職しましょう。

兼子は本物で生きて行く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製品情報