小顔

  • 兼子ただしブログ
  • 2019/07/06
画像

小顔になるストレッチがある。

それは首コリの原因でもある『咀嚼筋』をストレッチする事で顔の輪郭が変わる。
人はストレスを寝ている間に解消する。
過度なストレスがある場合『食いしばり』が強くなる傾向があり、その筋出力は『自分の体重分(40〜50kgほど)』にもなる。
だから顎の筋肉がパンプアップして顔面の筋肉が肥大する。
その緊張が頸椎にまで影響して、疲労感や疼痛に繋がる。
 
論より証拠で、Kanekoストレッチをする事で、その緊張は解け、結果的に小顔になる。
 
 
 
 
 

これらのストレッチも、

理論は全て『科学的』
個人差はあるが、結果は必ず出る。
 
朝起きて顎が疲れている人、
顔の張りが気になる人、
首コリが辛い人、
 
一度試しす価値がある。
ここ『下顎』のストレッチは効果覿面だ。
 
科学的ストレッチ〜SSSへ
 
 
No science
No life

製品情報