トライアスリートの特徴

  • 兼子ただしブログ
  • 2018/08/24
画像

トライアスロンを始めて1年半、、、ご縁あって素晴らしいトライアスリートにお会いしています

キングオブスポーツと言われるスポーツ『トライアスロン』この過酷なスポーツを選ぶ方々にはある特徴があるとこに気がつきました!
↓↓↓真中・トライアスロンオリンピック選手の加藤選手、右)トライアスロンironmanエイジトップ選手の平谷くん
(なんと20歳でトライアスロン10年のキャリア!)2人とも素晴らしいパフォーマンスです!
 
{C58CE742-1451-4D18-8F32-920B8073E608:01}
 

そして、、、兼子をトライアスロンの道に引きずり込んだ(笑)西田氏、、、この人は年に7回もironmanに出場するほどのメチャクチャさ(笑)豪腕の経営者でもあります!

{4A0E6274-B834-46AB-92D2-5EC38B71A1BE:01}
 

そしてスイムコーチの中村さん

 

この人のおかげでスイムのレベルが段違いに変わりました!

{393E4CCA-1F2C-4C96-8C3F-7E3E83035398:01}
 

このトライアスリート達の特徴、、、、

それは『ケチがいません!
細かいこといいません、
 
グチグチしてません、
金にならない事でも協力してくれます、
なんでもポジティブに考えます、
人の欠点ではなく利点を発します
 
やはりこのトライアスロンという過酷な事を選ぶ方々は『ケチ』では出来ません。過酷な事を乗り越える『信じる力』があるのです。
 
周りにいませんか?『ケチな人』
それは『信じる力』が欠けている可哀想な人
信じる力をつけていけば、その『ケチ』な思考は変わるかもしれません
 
トライアスロンという過酷なスポーツを乗り越えた方々は『ケチ』ではなく『信じる力』がまずはあるのです。
それをここ最近にご縁あって引き寄せられたトライアスリートには、共通の特徴『ケチな事は言わない、ポジティブを貫く!』これを教えて頂きました
 
信じる力のある人=自信のある人
信じる力がない人=自信の無い人
 
自信のあるところに幸福感があり、
自信の無いところには満たされない気持ちがある
 
では信じよう!それが自分の価値だから!
ケチ(信じない)は自分を信じれない
 
ケチ=心理学的にいうと『過剰自己防衛心理』ちょっとした病みです。ちょっとしたことを信じて行動して『太っ腹だねー!』と言われるようにしましょー!
 
トライアスリート=なんでもポジティブに考える人種(笑)『積極的行動心理』とも表現したい!
 
 
 
 
皆さん!信じる人になろう!
ケチはみっともない!
 
 
 
 
 
兼子

製品情報