トレーナーは○○に偏るな!

  • 兼子ただしブログ
  • 2017/08/30
画像

今日はバイクの調整に皇居に来ております!

そこでトレーナー業界について語りました
動画は→⇒⇒こちら
 
{51CAAD21-D952-4738-86DD-99265D57E2B2:01}
 

兼子がキックボクシング・格闘技を卒業してもなお、

トライアスロン226㎞ ironmanに挑戦する理由、
そしてその理由は『経験値』を上げること
 
この経験値を上げることで、
クライアントに指導する内容が『生の声』になります
 
逆に言うとその生の声が無ければ、
教科書にある知識を『コピペ』した棒読み、、、的な
指導しか出来ませんね。それは指導力と説得力に欠けます。
 
 
その経験値が少ないトレーナー、指導者にかぎって、
『金儲け』に走る方々がいる現実もあります。
 
 
ネットにて某トレーナー団体では、、、、
『目標売上○○○万円!!」
『目標新店舗○○店舗!!」
と大声で言ってらっしゃいました。
 
 
ちょっとキツイこと言うようですが、
見ていて『恥ずかしい』気持ちになりました

 
僕の考えでは、
『医療」と『教育』の業界人の最重要目標が、
『売上』と『店舗数』というような『商業的』
である事は不健全だと思うのです。
 
 
有名な病院や、
有名な大学が
『売上目標!』を掲げてはいませんし
もし掲げていたとしたら、それは『??』です
 
 
兼子はストレッチトレーナー、ストレッチ専門スタジオとして、
日本トップレベルの売り上げを上げて来ました。
その僕は売上目標を最重要目標にしていません。売上は後から数えるものです。
それが『体』に関して仕事をする人間の健全な在り方だと思うのです。
 
 
これはキレイごとではなく、
そうじゃなきゃ、文化も信頼も生まれないと思います。そう思いません??
 
 
20年前、兼子は営業の仕事をしていて、
売上を最重要目標にしていた時期もありました。
実際にそれで稼ぐ事も出来ました。物理的には・・・・・。
 
20歳代で年収は2000万円でした。
月で150万〜200万円の収入で
100万円のロレックス腕にはめ、
外車を乗り回し、六本木クラブ貸切り飲み歩いていました。
 
 
その経験から、、、、金儲け、飽きました。
というか、これにはゴールがない事に気がつきました。
金は儲かっても、心は満たされないと
 
 
 
自分の為だけではなく、
多くの人の為になること、
多くの人に喜んでもらえること、
これこそが、心がしっかり満たされる『利益』である
そう気がついて、、、、トレーナー業やるなら、
本気で人の為になる事を徹底しよう!そう考えたのです。
 
 
長文になったので、まとめます。
トレーナー業は『商業』に偏るな!です。
 
 
皆さんはどうですか??
自分らの利益を1番に考えているトレーナー、セラピスト、治療家に、大事な身体を診てもらいたいですか?
 
 
嫌ですよね
僕もそう思います
 
 
 
だから
利益は後からついてくる!
そう信じて健全にトレーナー業をやっていきます
 
 
 
 
兼子

製品情報