真っ赤な筋肉で燃やす❗️

  • SSS Black Ginza
  • 2017/08/04
画像

こんばんは、高橋です。

前回は、「ストレッチによるストレス耐性UP」についてお話ししましたが、ストレッチの効果特集第6弾は、この時期皆さんが興味をそそられるであろう、「脂肪燃焼効果UP」についてです。

エネルギーを消費する代謝は大きく3つに分かれます。

まず、食事によって体が温まる「食事誘導性熱代謝」と呼ばれるもので、これは一日の消費エネルギーの約10%。

次に、仕事や運動などの「身体活動代謝」で、これが約20%。

意外と少ない…

最後が、「基礎代謝」

基礎代謝は、車で言う「アイドリング状態」のエネルギー消費。

生命維持をするためのエネルギー消費で、これが約70%❗️

なので、カラダをシェイプさせて行くには、これをアップさせるのが、近道です。

基礎代謝を上げるためには、筋肉のミトコンドリアを増やし活性化させていくことで、脂肪をミトコンドリアの中で燃焼させる必要があるのですが、ミトコンドリアが多く存在すると言われているのが、遅筋です。

瞬発的な運動に使われる速筋と呼ばれるものは、主に糖質をエネルギーとしますが、遅筋は脂肪をエネルギー源としていて、姿勢を長時間保持したり、呼吸動作をするために使われます。

我々が、普段行うストレッチでメインターゲットとしているのが、この遅筋に分類される筋肉達。

したがって、ストレッチする事で、これらの筋肉の働きが良くなり、その動員力が上がって行けば、基礎代謝がUPし、脂肪燃焼を促進出来るというわけです‼️

ストレッチで良い姿勢にセッティングし、美しくカラダをヴァージョンアップさせて行きたい方は

03-5537-7299

SSS Black Ginzaまで。

製品情報

S帯