水分補給はこまめに!!

  • SSS柏スタジオ
  • 2018/02/21
画像
こんにちは。柏スタジオ研修生の荒井です。
体内の水分は消化された栄養分を体中に運んだり、 体温調節などの働きをしています。
気温が高くなると汗を出して体温を正常に保つよう調節し、さらに運動すると体熱活動は活発になり、汗を出して体温調節をしようとします。
汗の量が多すぎて、水分補給が間にあわないと脱水症状をおこします。
脱水症状のとき、多量の水分を与えると細胞組織内外のナトリウムやカリウムのバランスを崩し、筋肉の痙攣をおこす可能性があります。
実際、フルマラソン、32キロ地点で太もも裏の痙攣・・・。
水分が足りておらず、慌てて飲んだ結果です。
体重の約2/3は水分ですが、そのたった10パーセントが失われると意識を失います。
そのような状態にならないように、失われた水分をこまめに補給しましょう!!!

製品情報

S帯
S襷
ストレッチ教材
hitoe