日常生活の何げない姿勢や習慣が体をかたくしている

  • SSS柏スタジオ
  • 2018/01/26
画像

こんにちは。柏スタジオ研修生の荒井です。

毎日、何かしら体を動かしているにも関わらず、人間の体は硬くなってしまいます。
慢性的な運動不足が原因の1つと言われており、使われない筋肉からだんだんこわばり、その部位が起点となって、さらに周辺の筋肉まで硬くなります・・・。

日本人にありがちな猫背の姿勢は、前かがみになった状態を支えるために首・肩・腰に負担がかかります。
その症状として現れるのが、肩こり、腰痛なのです。

また、糖分過多の食生活も筋肉を硬くする一因です。
筋肉を構成しているのは血液と繊維。
その血液が食生活の乱れでドロドロした状態になってしまうのと、筋肉の伸び縮みの障害となります。

意外かもしれませんが、食生活の見直しが体の柔軟性に繋がるのです。

日頃の姿勢や食生活などほんの少し意識を変えるだげで、体を変えることができます。

製品情報

S帯