外反母趾は重心の取り方で変わる!

  • SSS Black Ginza
  • 2018/03/26
画像

こんにちは、三條です。
外反母趾は重心を真ん中にすることで改善します。
外反母趾の原因は足の前アーチが崩れていることやかかと着地をしていることが原因と言われています。
外反母趾を治すには足のアーチを作り、重心はかかとではなく土踏まずの真ん中にすることで立方骨を使って着地出来るようになります。
外反母趾は接地面だけで着地することで足のアーチがつぶれてしまうのです。
立方骨と接地面両方を使うことで足裏の負担が変わります。
姿勢を正し立ち方歩き方を変えて体を改善していきましょう!
良姿勢の作り方歩き方など改善したい方は
03-5537-7299 SSS Black Ginzaまで

 

製品情報

S帯
S襷
ストレッチ教材
hitoe