置きにいかない生き方です

  • 兼子ただしブログ
  • 2018/04/06
画像

兼子は『置きにいかない』生き方をしたい、そう思っています。

 
 
置きにいかないとは、
リスクばかり気にして、
行動が中途半端な様のことです。
それは安全かもれないけど、
人間の『魅力』をあまり感じない気がします
 
兼子は大した人間ではありません。
が、だから置きにはいかず『本気』で物事を行うようにしています。
本気だから苦しいです。
本気だから大変です。
本気だから失敗した時悔しいです。
 
5年前のキックボクシング〜勝てば日本チャンピオン🇯🇵となる大事な試合、、、、本気で挑んで負けました
今でも思い出すと悔し涙が出るくらいの思い
 
{E9796EF4-2A53-49A8-AEF6-9E5DF4DF7D2F:01}
 
{9EDA756B-FC36-4CDD-A844-EC7120803AB7:01}
 

顔面を8針縫うケガを負わされ、完敗でした。

 
でも、ある人の声で救われました。
それは対戦相手の(内田チャンピオン)奥様の一言、
内田選手は奥さんに言われたそうです、、、、
『試合はあなたが勝ったけど、取り組む全力さは兼子さんの勝ちだと思うよ。試合は勝って、気持ちで負けてたよ』
と奥さんに言われた、、、と試合後内田選手が教えてくれました。
 
 
お世辞かもしれませんが、
負けたけど、、、本気出して良かったと思いました。
 
確かにそれはいつも兼子が言っていること、
出来るか出来ないか?ではなく、
やるかやらないか、
本気になるかならないか、
それで人間の輝きはあると思います。
 
キックボクシングではチャンピオンになれなかった、
でも、、、まだ本気になれることは沢山ある、
 
その本気になれることがある!そのありがたみを感じつつ、常に本気でいこーと思います!
 
カッコいい事とは『本気』であること
カッコ悪い事とは『置きにいく』ことである
 
そう思います。
そう思いません??
 
 
 
 
兼子

製品情報

S帯