実は~姿勢教育の裏テーマは「〇〇撲滅」なのです!

  • 兼子ただしブログ
  • 2017/11/21
画像

姿勢教育義務化、、、これは僕らの人生をかけた目的!

それは子供たちの集中力を上げるのはもちろん、大人になってからも疲れない健康な身体をつくれるから!

 

 

しかし、、、、実のこの目的には裏テーマがあるのです。

裏と言うには理由があり、あまり大声では??なのです。

 

今回はあえて言いましょう、、、、その裏テーマ!〇〇の撲滅です!

 

 

 

 

 

 

 

 

その〇〇とは、、、、、、

 

 

 

 

 

現代の医学が完全に敗北していると言われている、、、、

 

 

 

 

 

治りにくく、

予防法も明確じゃない、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

「うつ病」です!

姿勢教育の裏テーマ(本丸)は、実は「うつ病の撲滅」なのです!

 

 

 

公で言うのは初めてかもしれません

しかし、これは大事なことです。

うつ病や精神疾患はデリケートな問題とされています。

だらか大声では今まで言ってこなかった

 

今回から言おうと思います。

僕らは自然治癒力でうつ病の撲滅と予防をする為の「教育」を日本に作りたいのです!

 

 

※賛成、反対、ご質問、いろいろあるともいます。

是非、コメント頂けることをお待ちしていおります。

 

 

うつ病、、、、、日本に何人いるか知っていますか??

厚生労働省の調べ(H26年)によると、、、、、

 

H  8年  43万人

H23年  95万人

H26年 111万人

H8年と比べるとなんと2・6倍!

 

他の疾患と比べると、

糖尿病1・5倍増

高血圧症1・4倍増

糖尿より、高血圧症より増加が高い事実があるのです!

これは心療内科・精神科にて受診している人数で、

受診されていない「予備軍」や「軽症」の方々を加算したら、

もう想像以上の人数になるでしょう。

そして受診された方のほどんどが「薬物療法」だそうです。

薬、、、、、これは症状を「止める」だけで「治す」レベルではないそうです。

 

 

 

姿勢、、、、が精神疾患に関与している、、、、これらの考えは、僕らだけが言っているのではありません。

今まで大勢の研究者の方々が論文研究をしているのです、実は!

 

 

【学術論文】↓ ※学術論文とは、信用性の高い団体(学会)、研究者、大学教授の元にまとめつくられるものです。

◆中村(2007)喜び,幸福感,自信などは伸展位が支配的な姿勢に、不幸・劣等感は屈曲位が顕著な姿勢となって現れる。

◆鈴木(1996)自分の姿勢を「悪い」と評価している方がうつ気分であり,健康感が低く,自尊感情が低いが,逆に自分の姿勢を「良い」と評価しているほどうつ気分でなく,健康感が高く,自尊感情が高い.

Gardiner1964)感情と心の持方は神経全体に強く影響し、個人の姿勢に反映される。

Scott2011)人は胸を張って背筋を伸ばした良い姿勢でいる方が、猫背の前かがみなど悪い姿勢をとっているよりも、より痛みやストレスに耐える力が強い

 

 

 

いかがでしょうか??
姿勢がうつを治す、予防になる、、、、としたら、
これはやるべきミッション!姿勢教育の義務教育化は、うつ病の撲滅につながる!

 

これを知ったのが、、、、約10年前
そこから僕らの本気のミッションが始まったのです!

 

今回本気を加速するためにあえて言わせて頂きました。
姿勢教育の義務化は、
うつ病患者の撲滅!

 

僕らは本気で進んでいます!
賛成して頂ける方、是非コメントを!
応援してください!拡散してください!
人に言うことなら無料出来ます!

 

そのお気遣いの行動が、
うつ病との戦いの力になります!

 

 

よろしくお願いします!
僕らは本気で戦ってます!

 

「姿勢教育は、うつ病撲滅!」

 

 

 

 

 

兼子ただし

 

 

製品情報

S帯